文章校正ツールおすすめ3選!無料・有料から選定

文章校正ツール

  • 文章校正に自信ないからチェックしてほしい
  • 良い表現が浮かばないからヒントをくれるツールがほしい
  • 文章チェックにかける時間を少なくしたい

こんな悩みを解決する記事を用意しました。

仕事で納品記事のチェック、副業でライターとしての活動やブログを始めたなど、以前より文章に接する機会が増えている方は多いと思います。

文章のプロではない人にとって、読みやすい文章なのか、日本語として正しいのかをチェックすることは不安な作業ですよね。

いきなりプロのようなスキルを手に入れることは無理なので、文章校正ツールを使ってチェックしてみてはいかがでしょうか。自分では気付かなかった文章のミスを指摘してくれます。

この記事では、僕が使ってきた文章校正ツールの中からおすすめの3つを紹介します。

文章校正ツールおすすめ3選!

文賢【有料】

文賢

文賢は文章の推敲・校閲など、より良い文章作成を手助けしてくれる支援ツールです。

「読みやすさ」「わかりやすさ」「誤字・脱字」などを100以上の視点からチェックを行い、改善点を提案してくれます。

以下の悩みを持つ方におすすめです。

こんな方におすすめ!
  • 少しでも読みやすく、わかりやすい文章を書きたい方
  • 文章の「校閲・推敲」に時間がかかっている方
  • 「文章表現」や「言い回し」の引き出しを増やしたい方
  • たくさんのライターさんの文章をチェックしている方
  • お客さまとのメールのやりとりが多い方
  • プレスリリースを書く機会が多い方
  • FacebookやTwitterなどのSNSによく文章を投稿している方

2017年にリリースされ、いまでは1,600以上の法人・個人の方々が導入しています。

文賢の基本機能

文章表現

文賢の文章表現機能

3,500以上の文章表現の中から、文中にある感情や行動を表す言葉に対して、関連した表現が自動でレコメンドされます。

類語・言い換えの例
  • 熱狂のスタジアムと化した
  • まんざらでもない顔をする
  • 足し算ではなく、掛け算
  • ご飯の一粒一粒に染み渡る
  • 100万光年先の星を射止めたような

校閲支援

文賢の校閲支援機能

校閲とは、「校正」を含めた、日本語の間違いを直す作業のことです。日本語の誤用やカンタンな誤字脱字、重複表現や「ら抜き言葉」など11項目をチェックできます。

校閲のチェック項目(一部)
  • 一定レベルの誤字脱字
  • 誤った言葉はないか
  • 誤った敬語はないか
  • 気をつけるべき商標と固有名詞はないか
  • 誤用しやすい言葉はないか

推敲支援

文賢の推敲支援機能

推敲とは、文章をより良くするために、改善点がないかをチェックする作業のことです。「することができる」などの冗長な表現や、漢字の「ひらく」「閉じる」の指摘など19項目をチェックできます。

推敲のチェック項目(一部)
  • 接続詞をハイライトし、論理展開がスムーズかどうか
  • 接続助詞をハイライトし、論理展開がわかりやすいかどうか
  • 具体的にした方がよい指示語がないか
  • 冗長な表現を使用していないか
  • 日付や数字をハイライトし、誤りがないか

アドバイス

文賢のアドバイス機能

校閲や推敲を経て作成した文章を、最終的に目視でチェックする際に使えるチェックリストです。

アドバイス例
  • 「主語」と「述語」の距離は近いですか?
  • できるだけ最初に「結論」を書くようにしていますか?
  • 「箇条書き」を用いて、整理できる箇所はありませんか?
  • 長い修飾語は「前」に、短い修飾語は「後」に書いていますか?
  • 読み手に共感してもらうための「感情表現」は意識していますか?

サブ機能

文賢のサブ機能

「音声読み上げ」や「漢字の使用率チェック」「コメント付きの印刷」など、文章をチェックする上で役立つ機能があります。

サブ機能一覧
  • 音声読み上げ
  • 文字数カウント
  • 漢字の使用率カウント
  • 表示幅の変更
  • 明朝モード
  • ダークテーマ
  • コメント付きの印刷

辞書・チェック設定

文賢の辞書機能

表記揺れの指摘ルールなど、メディアやチームごとにカスタマイズできます。

追加可能なルール
  • 漢字を「閉じる」「ひらく」ルール
  • 「カタカナ」で書かれているかをチェックするルール
  • 特定の文字に対して、コメントを出す『フリールール』

公式が動画を出しているので、こちらもご覧ください。

料金

初期費用11,880円(税込)
月額費用2,178円(税込)

コストの発生が悩ましいところですが、公開しても恥ずかしくない文章にしたい、お金を稼げる文章を書きたい、このような想いを持つ方に一番おすすめのツールです。

PRUV【無料】

PRUV

PRUVは無料で使える文章校正ツールです。文法や固有名詞、送り仮名の誤り、typo(誤入力)、表記ゆれなどをチェックできます。

一度にチェックできる文字数は400文字。ユーザー登録すると、2万文字まで入力できるようになり、独自辞書機能などの拡張校正機能が使えます。

校正ツールがどのようなものか試してみたい方におすすめです。

so-zou.jp【無料】

so-zou

so-zou.jpも無料で使える文章校正ツールです。日本語の文章を解析し、間違った表現や不適切な表現を確認できます。

so-zou.jpはYahoo!のAPIを活用していて、「日本語校正サポート」「オンライン日本語校正補助ツール」も同様の文章校正のチェックが可能です。

確認できること
表記・表現の間違い、不適切な表現の検出
誤変換、誤用、使用注意語、不快語 (使用不適切な語や隠語など)、機種依存文字または拡張文字、外国地名、固有名詞、人名、ら抜き言葉
わかりやすい表記にするための提案
当て字、表外漢字、用字
文章をよりよくするための提案
用語言い換え、二重否定、助詞不足の可能性あり、冗長表現、略語

文章校正ツールを活用するメリット

文章のチェックに文章校正ツールを活用するメリットについて紹介します。

校正にかける時間を短縮できる

自力で文章の推敲・校閲をおこなうと、どうしても時間がかかります。さらに、複数のライターさんに記事を書いてもらっている場合、表記チェックは大変でしょう。

文章校正ツールであれば、誤字脱字や言葉の誤用などの改善すべき箇所をすぐに確認できます。

自分では思いつかない表現を提案してくれる

文章校正ツールは、自分では思いつかない文章表現や言い回しについて提案してくれます。

これは有料ツールに限られた機能ですが、複数の表現方法を提案してくれるので、自然と自分のボキャブラリーを増やすことができます。

また、SEOを意識した記事作成には、オリジナリティを出すことが重要です。競合サイトより魅力的で読みやすい文章作成の支援をしてくれます。

ライティングスキルが上達する

ツールが提案してくれる改善案を見ていると、どのようなことに注意すべきか分かってきます。

「この言葉は、別の表現があったな」「このパターンでいつも注意されているから改善したほうがいい」など、表現のボキャブラリーや読みやすい文章の構成が分かってきます。

文章を書くことや校正に慣れていない人にとって、文章校正ツールはライティングスキルの上達に欠かせないツールです。

文章校正ツールを活用する際の注意点

文章校正ツールを活用する際は、次の3点に注意することが大切です。

無料の文章校正ツールを使う場合は複数でチェックする

この記事で紹介した有料ツール(文賢)には、文章校正チェックに欠かせない機能を網羅しています。

しかし無料の文章校正ツールには、得意・不得意があり、検出してくれる内容に限界があります。

そのため、ひとつのツールに頼るのではなく、複数のツールを使ってチェックするのがおすすめです。

使う用途に合わせてカスタマイズする

漢字やひらがなの使い分けなど、表記ルールはメディア(ブログ)によって異なります。

有料ツールやユーザー登録のある無料ツールには、カスタマイズ機能が付いているので、チェックルールの設定が可能です。

ルールを設定することで、チェックの手間やミスがなくなります。

最後は目視チェックを行う

文章校正ツールは、あくまでも校正を支援するものです。精度は高まっていますが、まだまだ完璧ではありません。

明らかな誤字でも指摘されないことがあります。最後は必ず目視でチェックを行いましょう。

無料と有料どちらの文章校正ツールを選べばいいのか?

どちらのツールを使ったほうがよいか迷いますよね。個人的には次のように考えています。

無料ツール
  • 試しに使ってみたい
  • 最低限のチェックでいい
有料ツール
  • 表現方法や表記ルールなど細かなところまで改善したい
  • お金を稼げる文章を書けるようになりたい

自分はどのような考えを持っているかで、どちらを使うか決めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

文章に関わる人にとって、とても助けになる文章校正ツール。

とくに文章を書くことが苦手だと思っている人やチェックにかける時間を短縮したい人にとってはメリットしかないでしょう。

より良い文章を書くために、利用してみてはいかがでしょうか。