iPhoneで写真をPDFに変換する方法

iphone写真pdf

「写真をPDFとして保存することはできないの?」

こんな悩みはありませんか?

パソコンがなくても、iPhoneで写真をPDFに変換することができます。

iPhoneひとつでPDF資料の作成もできるので、移動中に仕事をおこなうことも可能!

この記事では、iPhoneで写真をPDFに変換する方法について紹介します。

iPhoneで写真をPDFに変換する方法

写真からPDFへの変換は、iPhoneに最初から入っている「写真」アプリを使います。

レイアウトやサイズの調整などはできませんが、PDFに変換するだけであれば問題ありません。

手順

1「写真」アプリを起動し、PDFに変換したい写真を表示。左下の共有アイコンをタップします。

PDF化する写真

2画面を上にスクロールするとメニューが表示されます。メニュー一覧からプリントを選択します。

プリント

3プリント画面に表示されたプレビューをピンチアウト(2本の指を広げるように動す)するとPDFに変換されます。

pdfに変換

4右上の共有アイコンをタップし、PDFの保存先を選択します。ここでは「ファイル」アプリを保存先として選びます。

ファイルに保存

5「ファイル」アプリが開くので、PDFの保存先を選択し、右上の保存をタップします。

ファイルに保存

これで写真のPDF化は完了です。

専用アプリで写真をPDFに変換

「写真」アプリからPDFに変換するやり方以外に、変換アプリを使用する方法もあります。

今回使用するのは「写真 PDF 変換」アプリです。

写真 PDF 変換

写真 PDF 変換

Sarrada Software Inc無料posted withアプリーチ

「写真 PDF 変換」の特徴
  • レイアウト調整が可能
  • テキストを挿入できる
  • 画像サイズやパスワードの設定が可能

手順

1ページレイアウトとドキュメントのオプション画面で、写真をPDFに変換する際のレイアウトを選択します。

ページレイアウト

2PDFに変換したい写真をアプリに追加します。

写真を追加

3プレビュー画面でレイアウトを確認します。

レイアウト確認

4共有画面でファイル名やサイズ/画質を設定します。

ファイル設定

5保存先を選択して、PDFを保存します。

保存先の選択

これで写真のPDF化は完了です。