【iPhone】iCloudからサインアウトする方法|データはどうなる?

iPhoneサインアウト

  • iPhoneのサインアウト方法を教えて欲しい!
  • iCloudをサインアウトしたらデータは消えるの?

こんな悩みを解決する記事を用意しました。

iPhoneユーザーの多くは、iCloudにサインインした状態で利用している人が多いと思います。

では、このiCloudサインアウトしたらどうなるのでしょうか。

今回は、サインアウトの方法と、サインアウトしたらどうなるのかについて紹介します。

iCloudからサインアウトする方法

では、iPhoneでiCloudからApple IDのアカウントをサインアウトする手順を解説していきます。

1「設定」アプリを開き、ユーザ名 → 下にスクロールしてサインアウトをタップします。

サインアウト

2Apple IDのパスワードを入力して、オフにするをタップします。

オフにする

3残したいデータはスイッチをオンにして右上のサインアウトをタップします。「本当によろしいですか?」と表示されるので、もう一度サインアウトをタップします。

サインアウト

サインアウトするとどうなる?

では、上記の手順でサインアウトしたらどうなるのか、解説していきます。

iPhoneからデータが削除される

前項の確認画面で「コピーを残す」で選択しなかったデータはiPhone上からは削除されます。しかし、iCloud上には保存されているので、完全になくなってしまうのではありません。

アカウント自体を削除するわけではないので、元のApple IDで再度iCloudにサインインすれば、またiCloud上のデータを呼び出すことができます。

一部サービスが利用できなくなる

サインアウトした状態だと、Apple IDでのサインインが必須のサービス「iMessage」「FaceTime」「App Store」を使えなくなります。

ただ、これも再度ログインすれば使えるようになるので、サインアウトしたらもう利用できなくなるわけではありません。

サインアウトが必要な場面

上記のように、サインアウトしたままだと、不便が生じることがあります。どのようなときにサインアウトするとよいのか、解説しましょう。

アプリが不調なとき

たまに、App StoreでApple IDとそのパスワードを入力しても、アプリのインストールが開始しないという不具合が発生することがあります。

このような場合に一度Apple IDをサインアウト→サインインし直すと、問題が解消したという報告があります。インストールがうまくいかないとき、試してみてもよいでしょう。

iPhoneを手放すとき

iPhoneを売却や譲渡、もしくは下取りに出すとき、第三者に個人情報が漏れたり、悪用されたりしないよう、データを初期化してApple IDもサインアウトする必要があります。

まとめ

このようにiCloudからサインアウトしても、iPhoneと紐付けられたデータが一時的に消えるだけで、根本的なデータが完全削除されるわけではありません。

データが削除されると表示されると、まるで全部が消えてしまうように思えますが、しっかりApple IDとパスワードを覚えていれば復元できるので、そちらだけを忘れないようにしましょう。