iPhoneでPDFを作成する方法|Webサイト・メモをPDFに変換

iPhoneでPDF作成

  • iPhoneでPDFの作成はできる?
  • WebサイトをPDFに変換することはできる?
  • 書類をスキャンしてPDFを作成したい

こんな悩みを解決する記事を用意しました。

iPhoneはSafariで見ているページや手元にある書類からPDFを作成することができます。

今回は、iPhoneでPDFを作成する方法を紹介します。

iPhoneでPDFを作成する方法

iPhoneでPDFを作成する方法を以下の5パターンに分けて紹介します。

  1. WebサイトをPDFに変換して作成
  2. メモをPDFに変換して作成
  3. 書類をスキャンしてPDFを作成
  4. メールをPDFに変換して作成
  5. 写真をPDFに変換して作成

Safariで表示しているWebサイトをPDFに変換して作成

Safariで表示しているWebサイトのページをPDFに変換する方法は2つあります。

それぞれのやり方について紹介します。

注意
表示されていないコンテンツは、PDFに反映されません。すべてのコンテンツを読み込んだ後にPDF作成の作業をおこなってください。

1ページのPDFを作成

1ページのPDFを作成する手順です。

1「Safari」アプリ を起動して、PDFに変換したいWebサイトを表示します。そして、画面下部の共有アイコンをタップします。

共有アイコン

2表示されたメニューからマークアップタップします。するとPDFに変換されたページが表示されます。

PDFに変換されたページ

3左上の完了ファイルを保存…の順にタップします。

ファイルを保存

4ここでは「iCloud Drive」の任意のフォルダを選択して、保存をタップします。

保存

PDFは「ファイル」アプリ に保存されます。

ページを分けてPDFを作成

ページを複数に分けてPDFを作成する手順です。

1「Safari」アプリを起動して、PDFに変換したいWebサイトを表示します。そして、画面下部の共有アイコンをタップします。

共有アイコン

23点リーダー(その他)をタップ。下にスクロールしてブックを選択します。

ブックに保存

PDFは「ブック」アプリに保存されます。

メモをPDFに変換して作成

iPhoneの「メモ」アプリで、メモからPDFを作成します。

1「メモ」アプリを起動して、PDFファイルに変換したいメモを表示します。そして、右上の共有アイコンをタップします。

共有アイコン

2表示されたメニューからマークアップをタップします。するとPDFに変換されたページが表示されます。

PDFに変換されたページ

3左上の完了ファイルを保存…の順にタップします。

ファイルを保存

4ここでは「iCloud Drive」の任意のフォルダを選択して、保存をタップします。

ファイルに保存

PDFは「ファイル」アプリに保存されます。

書類をスキャンしてPDFを作成

「メモ」アプリには、スキャン機能がついています。書類をスキャンすることで、iPhone上でPDFに変換してくれます。

1「メモ」アプリを起動して、新規メモを作成します。編集メニューのカメラ(カメラ)をタップ → 書類をスキャンを選択します。

書類をスキャン

2カメラが起動するので、スキャンしたい書類画面内に収まように、位置を合わせます。このとき、黄色い枠が書類をしっかりと認識すると、自動でスキャンされます。シャッターボタンをタップすると、手動で書類をスキャンできます。

書類を写す

スキャンについて
上手にスキャンできないときは、カメラの設定を手動にし撮影してみてください。撮影後に範囲を補正できます。

3書類をスキャンしたら、スキャンする範囲を調整し、スキャンを保持をタップします。スキャンしたい書類が複数ページであれば、続けてスキャンします。

スキャンを保持

4スキャンが完了したら保存をタップします。

保存

スキャンした書類を「ファイル」アプリに保存する

スキャンした書類は「ファイル」アプリに保存することができます。

1スキャンした書類のデータをタップ。共有アイコンをタップします。

スキャンデータをタップ

2メニューから“ファイル”に保存をタップ。ここでは「iCloud Drive」の任意のフォルダを選択して、保存をタップします。

ファイルに保存

PDFは「ファイル」アプリに保存されます。

メールをPDFに変換して作成

送られてきたメールをPDFに変換する方法を紹介します。

1「メール」アプリを起動して、PDFファイルに変換したいメールを開きます。そして、右下の矢印をタップします。

矢印アイコン

2下にスクロールして、プリントをタップします。

プリント

3プリント画面に表示されるプレビューをピンチアウト → 右上の共有アイコンをタップします。

共有アイコン

4ファイルに保存をタップ。ここでは「iCloud Drive」の任意のフォルダを選択して、保存をタップします。

ファイルに保存

PDFは「ファイル」アプリに保存されます。

写真をPDFに変換して作成

写真をPDFに変換することができます。ここでは、一度に複数の写真をPDF化する方法を紹介します。

1「写真」アプリを起動して、右上の選択をタップ。PDF化したい写真を複数選択 → 左下の共有アイコンをタップします。

共有アイコン

23点リーダー(その他)ブックの順にタップすれば完了です。

ブックに保存

PDFは「ブック」アプリに保存されます。

まとめ

iPhoneではデフォルトの機能で、画像やWebサイトのPDFを作成できます。

仕事だけでなくプライベートに使える便利な機能です。

この機能を使い、日常の色々な作業を効率化してみてください。

iPhoneでPDF作成iPhoneでPDFファイルを保存する方法|保存先として利用できるアプリ