iPhoneのメモをバックアップする5つの方法|iCloud・PCなど

iPhoneメモバックアップ

  • iPhoneのメモのバックアップについて知りたい!
  • メモのデータをパソコンにバックアップしたい!

こんな悩みを解決する記事を用意しました。

メモ帳を持ち歩かなくても、iPhoneの「メモ」アプリがあれば、何気ないことから、大事な内容まで簡単に入力しておくことができます。

「大事なメモを間違えて削除してしまった…」こんなことにならないために、メモのバックアップは必須です。

今回は、以下5つのメモをバックアップする方法を紹介します。

iPhoneのメモをバックアップする5つの方法
  1. iCloudにバックアップ
  2. パソコンにバックアップ
  3. Evernoteにバックアップ
  4. Gmailにバックアップ
  5. LINE Keepにバックアップ

〔1〕iPhoneのメモをiCloudにバックアップ

メモをバックアップする方法として一番簡単なのは、iCloudを利用することです。同期すると、クラウド上にバックアップできます。

iCloudにバックアップする設定方法は下記のとおりです。

iCloudに自動バックアップ

1「設定」アプリを開き、ユーザ名iCloudの順にタップします。

iCloud

2iCloudバックアップをタップ。続けてiCoudバックアップのスイッチをオンに切り替えます。

iCloudバックアップ

3「iCloudバックアップを開始」のポップアップが表示されるのでOKをタップします。

iCloudバックアップを開始

自動バックアップは、次の条件を満たす必要があります。

自動バックアップの条件
  • 電源に接続されている
  • スリープモードになっている
  • Wi-Fiに接続されている

iCloudに手動バックアップ

上記では、自動でバックアップする方法を紹介しました。ここでは、手動でiCloudにバックアップを作成する方法を紹介します。

1iCloudの「バックアップ」画面で、今すぐバックアップを作成をタップします。

今すぐバックアップを作成

2バックアップが作成されます。作成完了すると、前回のバックアップ日時が表示されます。

最後に作成されたバックアップ

〔2〕iPhoneのメモをパソコンにバックアップ

メモをパソコンにバックアップするには、iTunesを利用します。

iPhoneとパソコンを連携して、iTunesと同期するとバックアップが可能です。

1iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続 → iTunesが起動したら、iPhoneのアイコン(iPhoneのアイコン)をクリックします。

iPhoneのアイコンをクリック

2左メニューの概要をクリック → バックアップの項目でこのコンピュータにチェック → 今すぐバックアップをクリックで完了です。

コンピュータに今すぐバックアップ

バックアップが完了すると、「最新のバックアップ」に、バックアップ日時が表示されます。

最新のバックアップ

〔3〕iPhoneのメモをEvernoteにバックアップ

メモはEvernoteやDropboxなどのクラウドストレージにバックアップできます。

ここでは、Evernoteにバックアップする方法を紹介します。持っていない方は、App Storeからインストールしてください。

Evernote

Evernote

Evernote無料posted withアプリーチ

1バックアップしたいメモを開き、右上の共有アイコンをタップします。

共有アイコン

2Evernoteを選択。タイトルを入力し保存をタップすると、バックアップが作成されます。

Evernoteに保存

〔4〕iPhoneのメモをGmailにバックアップ

iPhoneとGmailを連携すると、Gmailにメモをバックアップできます。

メモとGmailを連携する

1「設定」アプリを開き、パスワードとアカウント → Gmailの順にタップします。

パスワードとアカウント

2メモのスイッチをオンにします。

メモをオン

Gmailのフォルダにメモを作成

1「メモ」アプリを起動すると「GMAIL」「IPHONE」フォルダに分かれているので、「GMAIL」を選択し、メモを入力します。

Gmailフォルダ

2Gmailを開くと、「Notes」というラベルにメモが同期されているのが確認できます。

Notes

〔5〕iPhoneのメモをLINE Keepにバックアップ

メモをLINE Keepにバックアップする方法です。

1バックアップしたいメモを開き、右上の共有アイコンをタップします。

共有アイコン

2下にスクロールしてKeepに保存を選択、保存をタップするとバックアップできます。

Keepに保存

まとめ

iPhoneのメモデータをバックアップする方法を紹介しました。

万が一消してしまったときや、機種変更・交換時にあわてないようにバックアップを取っておきましょう。