【iPhone 】Safariの検索履歴を削除する方法|履歴を残さない検索方法

iPhoneの検索履歴

Safariブラウザの検索履歴を消す方法ってあるの?

こんな疑問を解決する記事を用意しました!

iPhoneの標準ブラウザ「Safari」は、履歴を残しているので、後でどんなサイトを見ていたか調べることができます。

友だちや家族、恋人に見られてしまうと困るようなサイトを見てしまったときは、検索履歴を削除しちゃいましょう。

今回は、「Safari」ブラウザの検索履歴を削除する方法を紹介します。

また、毎回消すのが面倒だと思う方にオススメな履歴を残さない検索方法も紹介します。

Safariの検索履歴の見方

iPhoneの標準ブラウザ「Safari」の検索履歴を見る手順は下記のとおりです。

画面下部のブックマーク(ブックマーク)をタップし、上部にある3つのタブのうち、履歴(履歴)をタップすると検索履歴が表示されます。

検索履歴

画面を下にスクロールすると、約1ヶ月分の履歴を見ることができます。

Safariの検索履歴を削除する方法

Safariの検索履歴を削除する方法は2つのやり方があります。

  • 「Safari」アプリから削除
  • 「設定」アプリから削除

上記の2つのやり方を紹介していきます。

「Safari」アプリから検索履歴を削除

1Safariから履歴を削除するには、まず上記で紹介した手順で検索履歴を表示し、画面下部の消去をタップします。

履歴消去

2「直近1時間」「今日」「今日と昨日」「すべて」の4種類が表示されます。対象を選択して、検索履歴を削除します。

期間を選択して消去

検索履歴を個別に削除

検索履歴を個別に削除する方法もあります。

個別で削除するには、検索履歴の一覧ページで、削除したい履歴を左にスワイプし削除をタップします。

履歴消去

「設定」アプリから検索履歴を削除

1「設定」アプリを開き、Safari履歴とWebサイトデータを消去の順にタップします。

履歴とWebサイトデータを消去

2確認画面が表示されるので履歴とデータを消去をタップすれば検索履歴は削除されます。

履歴とデータを消去

Safariの検索履歴を削除するときの注意点

Safariの検索履歴を削除すると、履歴だけでなくCookie(クッキー)とその他のブラウズデータも削除されます。

Cookieは、サイトのIDやパスワード、メールアドレスなどのユーザー情報を保存する仕組みです。

そのためCookieを削除すると、ログイン状態がリセットされ、再度ログイン情報を入力することになります。

Safariに検索履歴を残さない方法

毎回履歴を削除するのが面倒ですよね。履歴を残したくないときは、Safariのプライベートブラウズモード機能を使って検索します。

プライベートブラウズモードを表示する方法は次のとおりです。

手順

1画面下部の画面一覧をタップします。

画面一覧

2画面左下のプライベートをタップすると、プライベートブラウズモードが表示されます。

プライベートブラウズモード

この状態で、見たいサイトを検索すると履歴を残さず利用できます。

検索履歴を削除できないときのチェックポイント

上記で紹介した方法で検索履歴が削除できないケースがあります。

ほとんどの場合、原因はコンテンツ制限です。

設定した覚えのある方は制限を解除してください。

解除方法は下記のとおりです。

手順

1「設定」アプリを開き、スクリーンタイムコンテンツとプライバシーの制限の順にタップします。

コンテンツとプライバシーの制限

2コンテンツ制限WEBコンテンツの順にタップします。

コンテンツ制限

3ここで無制限アクセスを選択すれば完了です。

無制限アクセス