AirDropの設定方法と使い方を解説!

airdropの使い方

iPhoneやMacに搭載されている機能「AirDrop」。Appleユーザー同士は、AirDropを使ったほうが重さを気にせずに写真や動画などのデータ送受信できます。

今回は、AirDropの設定方法や使い方について解説します。

AirDropとは?

AirDrop


AirDropとは、近くにあるiPhoneやMacなどAppleのデバイスと、画像やURLなど様々なデータを送受信できる機能です。

データを送る方法は、LINEといったメッセージアプリなどがありますが、近くにいる相手がiPhoneであればAirDropがオススメです。

メリットは、LINEなど他のメッセージアプリで画像や動画を送ると画質が落ちますが、AirDropは画質を落とさず、サイズを気にすることなくファイルを送信できます。

AirDrop対応モデル

AirDropに対応しているApple製品は、以下のとおりです。

  • iOS 7 以降を搭載した iPhone、iPad、iPod touch
  • 2012 年以降に発売されたモデル (2012 Mac Pro は除く) で、OS X Yosemite 以降を搭載しているMac

AirDropで送受信できるデータの種類

AirDropで送受信できるデータの種類は、以下のとおりです。

  • 写真・動画
  • 連絡先
  • 位置情報
  • アプリ
  • Webページ

iPhoneでAirDropを利用するための設定方法

iPhoneでAirDropを利用するには、機能をオンにしたり、BluetoothとWi-Fiをオンしたりなどの設定が必要です。

AirDropを利用するための設定
  • AirDropをオンにする
  • BluetoothとWi-Fiをオンにする
  • iCloudにサインインする
  • 表示される名前の設定

AirDropをオンにする

1コントロールセンターを表示します。(iPhone X以降は画面の右上隅から下にスワイプ。iPhone 8以前では、画面の下部から上にスワイプ)そして左上のグループコントロールを長押しします。

グループコントロール

2左下のAirDrop(AirDrop)をタップ → 連絡先のみ / すべての人のどちらかを選択します。

AirDrop
AirDropの設定オプション
  • 受信しない:AirDropのリクエストを受け付けません。
  • 連絡先のみ:お使いのデバイスは、連絡先に登録されている人からしか認識されません。
  • すべての人:AirDrop を使っていて、近くにあるどの iOS デバイスからも、お使いのデバイスが認識されます。

引用:iPhone、iPad、iPod touch で AirDrop を使う

AirDropでデータを送受信するには、設定オプションから「連絡先のみ」「すべての人」のどちらかを選びます。

※「連絡先のみ」を選択する場合は、送受信先の相手の連絡先を登録しておく必要があります。

「設定」アプリから設定することも可能
  1. 「設定」アプリを開き、「一般」をタップ。
  2. 「AirDrop」をタップし、 「連絡先のみ」または「すべての人」どちらかを選択。

BluetoothとWi-Fiをオンにする

AirDropと同様にコントロールセンターを表示。左上のBluetoothとWi-Fiの設定をオンにします。

WiFiとBluetoothをオン

iCloudにサインインする

AirDropを「連絡先のみ」の設定で使用するには、お互いがiCloudにサインインしている必要があります。

サインアウトしていると「登録済みの連絡先のみから検出可能するには、iCloudにサインインする必要があります。」というメッセージが表示されます。

iCloudへのサインイン設定
  1. 「設定」アプリを開き、一番上の「iPhneにサインイン」をタップ。
  2. 「Apple ID」と「パスワード」を入力する。
  3. 端末をパスコードを入力し、「結合」or「結合しない」を選択します。

表示される名前の設定

「連絡先」アプリに登録されていない人とAirDropで送受信するときは、端末の名前が表示されます。

端末名を事前に確認し、変更したい人は、以下の手順を参考にしてください。

1「設定」アプリを開き、一般情報の順にタップします。

情報

2一番上の「名前」に表示されているのが現状の設定です。変更したいときは名前をタップ → 表示したい名前を入力し、左上の情報をタップします。

iPhoneの名前変更

3これで端末名は変更されます。

変更後の名前確認

AirDropの使い方

ここでは、iPhoneのAirDropの基本的な使い方を解説します。

AirDropでデータを送信する方法

写真・動画を送信

写真と動画の共有はAirDropで一番使われる項目だと思います。

1「写真」アプリから送信したい画像を選び、左下の共有アイコンAirDropの順にタップします。

AirDrop

2表示されるデバイスの中から、送信したい相手を選択します。

AirDropの送信相手を選択

連絡先を送信

1「連絡先」アプリから送信したい相手を選び、連絡先を送信をタップ → AirDropをタップします。

連絡先を送信

2表示されるデバイスの中から、送信したい相手を選択します。

AirDropの送信相手を選択

位置情報を送信

1iPhone標準搭載の「マップ」アプリを開き、相手に共有したい場所を長押し → 場所を送信をタップします。

場所を送信

2AirDropをタップし、表示されるデバイスの中から、送信したい相手を選択します。

AirDropで送信

アプリを送信

1ホーム画面にあるアプリを長押しし、表示されたメニューからAppを共有をタップします。

Appを共有

2AirDropをタップし、表示されるデバイスの中から、送信したい相手を選択します。

AirDropの送信相手を選択

Webページを送信

1「Safari」アプリから相手に共有したいWebページを表示し、メニューバーから共有アイコンAirDropの順にタップします。

AirDrop

2表示されるデバイスの中から、送信したい相手を選択します。

AirDropの送信相手を選択

AirDropでデータを受信する方法

相手がAirDropを使ってデータを送信した場合、そのリクエストを許可するか選択できます。

AirDropの受け取り

上記画像のように「辞退」または「受け入れる」と表示され、受け取るを選択すると、端末にデータが保存されます。

【要注意!】知らない人からAirDropで画像が・・・

AirDropを使い、知らない人に画像を送りつけるという行為が発生しています。

画像にはひわいな画像などもあり、通称「AirDrop痴漢」と呼ばれています。

受け取り拒否で対処できますが、そもそも変な画像を送りつけられたくない人は、AirDropを使用しないときの設定を「受信しない」 または 「連絡先のみ」にしておきましょう。