iPhoneの「メッセージ」アプリは既読確認ができる?付けない設定

iPhoneメッセージ既読

iPhoneのメッセージアプリでも既読の確認はできるの?

こんな悩みを解決する記事を用意しました。

iPhone標準アプリの「メッセージ」。

その機能の一部である「iMessage」は、LINEと同様に既読の確認をすることができます。

今回は、メッセージに既読が表示がされる条件と、相手に見られたときに既読を表示しない設定を紹介します。

「メッセージ」アプリに既読がつく条件

iPhoneの「メッセージ」アプリの送り方には、「SMS/MMS」と「iMessage」の2種類あります。

SMS/MMSとは
SMSは”ショートメッセージサービス”の略で、電話番号宛に、短い文章を送信できます。
MMSは”マルチメディアメッセージングサービス”の略で、携帯電話会社独自のメールアドレスを利用することによって、長文や写真つきのメールを送れます。
iMessageとは
iMessageはiPhone、iPad、iPod touch、Mac間で送信することができます。

既読の確認は、iMessageだけが可能です。

  • SMS/MMS:既読が付かない
  • iMessage:既読が付く

iMessageを利用するには、設定が必要です。

iMessageをオンにする方法

「設定」アプリを開き、メッセージiMessageのスイッチをオンにします。

iMessageオン

iMessageに既読を付けないにする方法

iMessageには既読が付くと説明しました。ただし、付けないようにする設定も可能です。

「設定」アプリを開き、メッセージ開封証明を送信のスイッチをオフにすると完了です。

開封照明を送信オフ

メッセージに「開封済み」と表示されないときは、相手側がこの設定を有効にしている可能性があります。