iPhoneのアプリ使用時間の確認と制限をかけるをする方法

iPhone使用制限

  • iPhoneの使用時間を確認する方法はありますか?
  • iPhoneの使用時間を制限できるアプリってあるの?

こんな疑問を解決する記事を用意しました。

iPhoneに、自分や子供がどのくらい使用していて、どのアプリやWebサイトを頻繁に見ているか確認できる「スクリーンタイム」という機能が追加されました。

スクリーンタイムは、アプリの使用時間を細かく確認でき、制限もかけることができるので、子供にiPhoneを持たせるのが心配という親にとっては嬉しい機能です。

今回、スクリーンタイムを使ってアプリ使用時間の確認、制限をかける方法を紹介します。

iPhoneのアプリ使用時間を確認する方法

スクリーンタイムでアプリ使用時間、どのアプリをよく使用しているかを確認できます。

「設定」アプリを開き、スクリーンタイムをタップします。すると、1日のiPhone使用時間、どのカテゴリのアプリをどのくらい使用したか表示されています。

スクリーンタイム

さらに細いデータを見たいときは、「すべてのアクティビティを確認する」をタップします。

するとさらに細かいデータが表示されます。

アプリ使用に制限をかける方法

スクリーンタイムでは、以下のような制限をかけることができます。

  • 休止時間
    画面を見ない時間帯を設定します。休止時間中は、許可したアプリおよび電話だけが使用できます。
  • App使用時間の制限
    対象とするAppカテゴリの1日当たりの使用時間を設定します。時間制限は毎夜午前0時にリセットされます。
  • 常に許可
    常に使用できるアプリを選択します。ここで設定したアプリは、休止時間中も使えます。
  • コンテンツとプライバシーの制限
    不適切なコンテンツをブロックしたり、購入やダウンロードを禁じたり、プライバシーについて設定できます。

ここでは、「App使用時間の制限」の使い方を紹介します。

「App使用時間の制限」の使い方

制限のかけ方

1App使用時間の制限制限を追加の順にタップします。

App使用時間の制限

2制限をかけたいカテゴリにチェックを入れ、次へをタップします。

Appを選択

アプリ毎に細かく設定

制限するアプリを細かく設定したい場合は、カテゴリ右横の>をタップします。すると、各種アプリが表示されます。

Appの詳細設定

3スクロールバーを回転させ、使用時間を設定します。時間を設定すると、曜日別に設定と表示され、曜日別に指定することもできます。

曜日別に設定

4最後に追加をタップすれば設定は完了です。

追加

制限の解除

「App使用時間の制限」の画面を見ると、設定したカテゴリが表示されているのでタップします。続けて、画面下部にある制限を削除をタップすると制限は解除されます。

Appの制限を削除