【iPhone】アプリのダウンロード・内課金を制限する設定方法

アプリ制限

  • アプリを勝手にダウンロードされたくない…
  • 課金できなくする設定はないの?

こんな悩みを解決する記事を用意しました。

iPhoneを子供に持たせたいけど、勝手にアプリをダウンロードしたり、課金されたりしたら困りますよね。

気づいたら多額の請求がきたなんてことに。

このように後々になって困らないために、スクリーンタイムの機能を使って制限をかけてしまいましょう。

今回は、iPhoneでアプリのダウンロード・内課金を制限する設定方法を紹介します。

アプリのダウンロードに制限をかける設定

冒頭でも話したとおり、iPhoneにはアプリの利用について色々な設定ができるスクリーンタイムという機能があります。

この機能を使ってアプリのダウンロード制限をかけることができます。

手順

1「設定」アプリを開き、スクリーンタイムコンテンツとプライバシーの制限の順にタップします。

コンテンツとプライバシーの制限

2iTunesおよびApp Storeでの購入をタップし、インストールを選択します。

インストール

3デフォルトの状態では、「許可」にチェックが入っているので、許可しないにチェックを入れます。

Appのインストールを許可しない

すると、ホーム画面から「App Store」のアプリアイコンが消えます。これで、アプリを検索したり、インストールしたりすることができなく鳴ります。

AppStpre非表示

アプリ内課金できないように制限をかける設定

アプリ内課金の制限もスクリーンタイムからできます。

手順

1「設定」アプリを開き、スクリーンタイムコンテンツとプライバシーの制限の順にタップします。

コンテンツとプライバシーの制限

2iTunesおよびApp Storeでの購入をタップし、App内課金を選択します。

App内課金

3デフォルトの状態では、「許可」にチェックが入っているので、許可しないにチェックを入れます。

課金を許可しない

この状態で、アプリを使用中に課金しようとすると「App内課金アイテムの購入は許可されていません」と表示され課金できなくなります。