iPhoneのパスコード変更方法|4桁・6桁・カスタム設定

iPhoneパスコード

  • iPhoneのパスコードはどこで変更するの?
  • パスコード の桁数を変更することはできないの?

こんな悩みを解決する記事を用意しました。

iPhoneのセキュリティとして機能するパスコードは、データを保護してくれる重要な設定です。

今、設定しているパスコードに不安がある場合は、すぐ変更したほうが良いでしょう。

今回は、iPhoneのパスコードを変更する方法を紹介します。

iPhoneのパスコードを変更する方法

iPhoneのパスコードを変更する方法は以下のとおりです。

手順

1「設定」アプリを開き、Touch ID(Face ID)とパスコードをタップ → パスコードを入力します。

パスコードを入力

2パスコードを変更をタップ → 現在のパスコードを入力します。

パスコードを変更

3新しいパスコードを2回入力すれば変更は完了です。

新しいパスコードを入力

パスコードオプションで変更する

初期設定のときに登録するパスコードは6桁ですが、4桁やそれ以上の桁数に変更することができます。

パスコードの変更オプションは次の3つです。

  • カスタムの英数字コード:任意の桁数の英数字コード
  • カスタムの数字コード:任意の桁数の数字コード
  • 4桁の数字コード:4桁の数字コード

それぞれの設定方法について解説していきます。

注意
3桁以下は「このパスコードは簡単に推測できてしまいます。」と表示されて設定できません。

カスタムの英数字コードに変更

1パスコードオプションカスタムの英数字コードの順にタップします。

カスタムの英数字コード

2英字と数字のキーボードが表示されます。任意の桁数のパスコードを入力して変更します。

パスコード 入力画面

カスタムの数字コードに変更

1パスコードオプションカスタムの数字コードの順にタップします。

カスタムの数字コード

2数字のキーボードのみ表示されます。任意の桁数のパスコードを入力して変更します。

パスコード 入力画面

4桁の数字コードに変更

1パスコードオプション4桁の数字コードの順にタップします。

4桁の数字コード

2数字のキーボードのみ表示されます。4桁のパスコードを入力して変更します。

パスコード 入力画面

まとめ

iPhoneのパスコードはセキュリティ対策において重要な機能です。

簡単に解除されない、コードを設定しておいたほうがいいでしょう。

覚えられる桁数や文字列の範囲で、パスコードを変更してみましょう。