iPhoneでAirDropができない原因と対処法を解説

iphoneのairdrop

iPhoneやMacに搭載されている機能「AirDrop」。iPhoneやiPad、MacといったApple製のデバイス間で、写真や動画、メモなどのデータを簡単に送受信できる機能です。

非常に便利な機能ですが、AirDropを行う際に相手に送れない、できないといった問題が発生することがあります。

今回は、iPhoneでAirDropができない原因と対処法を解説します。

iPhoneのAirDropができない原因と対処法

AirDropができないときに考えられる原因と対処法を紹介します。

AirDropができない原因
  • AirDropの設定が「受信しない」になっている
  • AirDropの設定が「連絡先のみ」になっている
  • Wi-FiとBluetoothの設定がオフになっている
  • インターネット共有がオンになっている(iOS12以前)
  • iCloudにサインインしていない
  • 端末同士の距離が遠い
  • 受信側の容量(ストレージ)が不足している
  • AirDropの使用が制限されている
  • 電子機器などが干渉している

AirDropの設定が「受信しない」になっている

AirDropを利用するには、送信者・受信者ともにAirDropの設定が有効になっている必要があります。

AirDropの設定は3つあり、今どの設定になっているか確認しましょう。

受信しない:AirDropのリクエストを受け付けません。
連絡先のみ:お使いのデバイスは、連絡先に登録されている人からしか認識されません。
すべての人:AirDrop を使っていて、近くにあるどの iOS デバイスからも、お使いのデバイスが認識

「受信しない」が選択されていると、写真やファイルなどのデータを受け取れません。「連絡先のみ」または「すべての人」のどちらかに設定しましょう。

AirDropの設定方法
  1. 「設定」アプリを開き、「一般」→「AirDrop」の順にタップ。
  2. 「連絡先のみ」または「すべての人」を選択します。
注意

「連絡先のみ」は、送信者・受信者のiPhoneにお互いの連絡先が登録されている必要があります。相手の連絡先を登録していない場合は、連絡先を登録するか「すべての人」を選択してください。

AirDropの設定が「連絡先のみ」になっている

上記で紹介したように、AirDropの設定を「連絡先のみ」にしている場合は、「連絡先」アプリに相手の情報を登録しておかなければいけません。

連絡先を登録していない場合は、登録するか「すべての人」に設定しましょう。

AirDropの設定方法
  1. 「設定」アプリを開き、「一般」→「AirDrop」の順にタップ。
  2. 「すべての人」を選択します。

Wi-FiとBluetoothの設定がオフになっている

AirDropは「Wi-Fi」と「Bluetooth」を利用しています。そのため両方がオンになっていないと、使用できません。お互いに「Wi-Fi」と「Bluetooth」の設定がオンになっているか確認してみてください。

どちらもオンになっている場合は、一度オフにしてからオンに切り替えてみましょう。

インターネット共有がオンになっている(iOS12以前)

iOS 12以前のiPhoneは、インターネット共有(テザリング)がオンになっていると、AirDropを使えない仕様でした。

そのため、iOS12以前のiPhoneを使用している方は、インターネット共有をオフにする必要があります。

インターネット共有の設定方法
  1. 「設定」アプリを開き、「インターネット共有」をタップ。
  2. 「ほかの人の接続を許可」のスイッチをオフにする。

iCloudにサインインしていない

AirDropを「連絡先のみ」の設定で使用するには、お互いがiCloudにサインインしている必要があります。

サインアウトしていると「登録済みの連絡先のみから検出可能するには、iCloudにサインインする必要があります。」というメッセージが表示されます。

iCloudへのサインイン設定
  1. 「設定」アプリを開き、一番上の「iPhneにサインイン」をタップ。
  2. 「Apple ID」と「パスワード」を入力する。
  3. 端末をパスコードを入力し、「結合」or「結合しない」を選択します。

端末同士の距離が遠い

AirDropの双方のデバイスが互いに9メートル以内の位置関係にいなければ、相手のデバイスを検出できません。

また距離が近くても違う部屋の場合もAirDropは難しいです。AirDropの利用は、障害物のない近い距離で行ってください。

受信側の容量(ストレージ)が不足している

AirDropは、送受信できるデータの容量に制限はありません。しかし、受信側の容量不足でデータを受け取れないケースがあります。

容量(ストレージ)の確認方法
  1. 「設定」アプリを開き、「一般」をタップ。
  2. 「iPhoneストレージ」をタップし、空き容量を確認。

空き容量が少なければ、不要な画像や動画などデータ、使わなくなったアプリを削除しましょう。

AirDropの使用が制限されている

iPhoneには、特定のアプリや機能の利用を制限できる「コンテンツとプライバシーの制限」があります。

過去に設定した覚えがある方は、AirDropの使用が制限されていないか確認してみてください。

コンテンツとプライバシーの制限の確認方法
  1. 「設定」アプリを開き、「スクリーンタイム」をタップ。
  2. 「コンテンツとプライバシーの制限」→「許可されたApp」の順にタップ。
  3. 「AirDrop」のスイッチがオンになっていればOKです。

電子機器などが干渉している

AirDropは、Wi-Fi、Bluetoothを利用してデータ転送する機能です。

そのため、電子レンジやワイヤレススピーカー、コードレス電話機などが、Wi-FiやBluetoothの通信を妨げる可能性があります。

AirDropは、電子機器の近くで利用しないよう注意しましょう。

それでもAirDropができない時の対処法

ここまで紹介した方法を試してもダメだった場合は、以下の対処法を試してください。

端末を再起動する

iPhoneの一時的な不具合が原因でAirDropが使えなくなっている可能性があります。

端末を再起動するとトラブルが改善されることがあります。

Appleやキャリア、iPhone修理店に相談してみる

すべての対処法を試してもダメだった場合は、iPhoneの不具合や故障が考えられます。

そんなときは、Appleや各キャリア、iPhone修理店に相談してみましょう。

まとめ

iPhoneでAirDropができない原因と対処法を解説しました。

Apple端末同士であればAirDropはとても便利な機能です。AirDropで送れない、表示されないなどでお困りの場合は、紹介した対処法を試してみてください。