【iPhone】SafariのWebページをPDFで保存する方法

iphoneでsafariをpdf

今回は、Safariで表示したWebページをPDFで保存する方法を紹介します。

SafariはPDFに変換して保存できます。保存先は標準アプリ(Appleの純正アプリ)の「ファイル」アプリもしくは「ブック」アプリ。その他にクラウドストレージアプリの選択が可能です。

iPhoneでSafariをPDFとして保存する方法

Safariで表示したWebページをPDFで保存する方法は3つ。

  • ページを分けてPDFで保存
  • フルページをPDFで保存
  • 範囲を指定してPDFで保存

上記2つの保存方法について解説します。

方法① ページを分けてPDFで保存

1「Safari」アプリでPDFとして保存したいWebページを表示し、画面下部の共有アイコンをタップ。

共有アイコン

2メニュー上部のオプションをタップ。

オプション

3送信フォーマットを選べるので、PDFを選択。

PDF

4右上の完了をタップし、PDF”ファイル”に保存を選択。

ファイルに保存

5「iCloud Drive」や連携しているクラウドストレージアプリなど保存先を選択します。

保存先の選択

「ファイル」アプリを確認すると、ページを分けた状態でPDFが保存されています。

PDFの確認

「ブック」アプリにPDFで保存することも可能

  1. 「Safari」アプリでPDFとして保存したいWebページを表示し、画面下部の共有アイコンをタップ。
  2. メニューから「ブック」アプリを選択。
  3. PDFが生成され、「ブック」アプリに保存されます。

方法② フルページをPDFで保存

1「Safari」アプリでPDFとして保存したいWebページを表示し、スクリーンショットを撮影します。

スクリーンショットの撮影方法がわからない方は「Apple公式 – iPhone でスクリーンショットを撮る」をご確認ください。

2左下に表示されるプレビューをタップ。

スクリーンショット

3フルページの画面に切り替えます。

フルページ

4完了PDFを”ファイル”に保存の順にタップ。

PDFをファイルに保存

5「iCloud Drive」や連携しているクラウドストレージアプリなど保存先を選択します。

保存先の選択

「ファイル」アプリを確認すると、フルページで保存されたPDFを確認できます。

方法③ 範囲を指定してPDFで保存

基本的なやり方は「方法② フルページをPDFで保存」と同じです。

1「Safari」アプリでPDFとして保存したいWebページを表示し、スクリーンショットを撮影します。

2左下に表示されるプレビューをタップ。

スクリーンショット

3フルページの画面に切り替えます。

フルページ

4画面上部のトリミングをタップ。

トリミング

5トリミングモードに切り替わるので、PDFに変換したい範囲を指定します。
範囲を指定したら左上の完了をタップ。

トリミング

上手く範囲を指定できなかったときは、右上の「リセット」をタップするとトリミングする前の画面に戻ります。

6さらに完了PDFを”ファイル”に保存の順にタップ。

PDFをファイルに保存

7「iCloud Drive」や連携しているクラウドストレージアプリなど保存先を選択します。

保存先の選択

これで範囲指定されたPDFが保存されます。