【iPhone】SafariのCookieを削除する方法!削除するとどうなる?

iPhoneクッキー削除

  • iPhoneのクッキーを削除したい!
  • Cookieを削除したらどうなるの?

こんな悩みを解決する記事を用意しました。

iPhoneでWebサイトを見ているとCookie(クッキー)が蓄積されます。

Cookieとは、訪問したWebサイトのユーザー情報(ID、パスワード、メールアドレスなど)を保存しておく仕組みです。iPhoneであればSafariを見ているときに蓄積されています。

便利な仕組みですが、iPhoneの動きを遅くしたり、紛失時の情報漏えいの原因になる可能性もあります。

もし、iPhoneの動き遅い、情報漏えいが心配という人はCookieを削除してみてください。

今回は、iPhoneのSafariアプリに蓄積されたCookieを削除する方法を紹介します。

iPhoneのCookieを削除する方法

iPhoneに蓄積されたCookieを削除する方法は2つあります。

  • 一括削除する
  • サイト毎(個別)に削除する

詳しくは、次の章から解説していきます。

Cookieを一括削除する

Safariの蓄積されたCookieを一括削除する方法は以下のとおりです。

1「設定」アプリを開き、Safari履歴とWebサイトデータを消去の順にタップします。

履歴とWebサイトデータを消去

2履歴とデータを消去とポップアップが表示されるので、これをタップすると完了です。

履歴とデータを消去

サイト毎(個別)にCookieを削除する

iPhoneに蓄積されたCookieをサイト毎に削除する方法を紹介します。

1「設定」アプリを開き、Safari詳細の順にタップします。

Safariの詳細

2Webサイトデータをタップすると、閲覧したことのあるサイトデータが一覧で表示されます。

Webサイトデータ

3右上の編集をタップ → 不要なサイトデータの左にあるマイナスアイコンをタップします。

編集

4表示された削除をタップすると特定サイトのキャッシュを削除できます。削除が終わったら完了をタップします。

削除

SafariのCookieを削除するとどうなる?

SafariのCookieを削除した際の影響は以下のとおりです。

ログイン状態がリセットされる

Cookieはログイン情報(ユーザ名やパスワード)を保存してくれるので、毎回入力する必要がありません。

しかし、削除すればログイン状態はリセットされ、再度ログイン情報を入力することになります。

検索エンジンが自分にあった検索結果・広告表示がリセットされる

Cookieはユーザーがどのサイトを見て、何に興味を持っているのかといったデータを蓄積しています。

そのデータを元に、ユーザー毎にカスタマイズした検索結果や広告を表示しています。Cookieを削除すると、それらはリセットされます。

iOS 13.3.1時点での操作方法です。
情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
iPhoneクッキー【iPhone】SafariのCookie設定(オン/オフの切り替え)