iPhoneのバッテリー交換の目安は3つ!最大容量(%)の確認方法

iPhoneバッテリー

「充電してもはiPhoneのバッテリーがすぐなくなる」「バッテリーが少し膨らんでるけど大丈夫かな?」と悩んでいませんか?

iPhoneを長く使っているとバッテリーの消費スピードが速くなりますよね。ゲームや動画アプリをよく利用する人は、一日に何度も充電しているのではないでしょうか。

今回は、iPhoneのバッテリー交換の目安、バッテリー交換してもらう方法などについて紹介します。

この記事はこんな人におすすめ!
  • バッテリー交換の目安となる症状を知りたい人
  • 現状のバッテリーパフォーマンスを確認したい人
  • バッテリーを交換してくれるお店を知りたい人

iPhoneのバッテリー交換の目安は3つ!

目安

まずはじめに、iPhoneのバッテリー交換の目安となるのは以下3つの項目です。

  • バッテリーの最大容量(80%)
  • 使用年数
  • 劣化の症状

上記3つをなぜバッテリー交換の目安として考えたらよいのか説明していきます。

1.バッテリーの最大容量(80%)

iPhoneにはバッテリー最大容量というものがあり、出荷時の最大容量は100%です。

しかし、何度も充電を繰り返していると最大容量は減少していきます。

Appleは公式サイトに次のように書いています。

「フル充電サイクルを500回繰り返した後も本来の蓄電容量の最大80%を維持するよう設計されています」

引用:Appleサポート – iPhoneのバッテリーとパフォーマンス

つまり500回充電を繰り返せば、バッテリー容量は最大でも80%までしか充電できなくなる、ということです。

そのためバッテリー容量が80%未満になった場合は、交換を検討してもよいでしょう。

また、Appleのハードウェア製品保証には、

「保持容量が本来の容量の80%未満になった場合のバッテリー修理サービス」

引用:Apple – AppleCare製品

と記載があり、Appleとしても80%未満は修理サービスの対象と考えているようです。

バッテリーの最大容量に確認方法については、「バッテリーの最大容量を確認する方法」の章で解説します。

2.使用年数

続いては、iPhone本体の使用年数を基準とした考えです。

Appleの公式ホームページには、以下の文面が書かれています。

「1人目の所有者を基準にした使用年数を、macOSまたはtvOSを搭載したデバイスは4年、iOS、iPadOSまたはwatchOSを搭載したデバイスは3年にするモデルを採用しています」

引用:Apple – よくある質問

バッテリーについては書かれていませんが、iPhone本体の使用年数は3年を基準とされているということです。

そう考えると、iPhoneのバッテリー交換の目安は3年と考えてもよさそうです。

3.劣化の症状

iPhone修理店にバッテリー交換を依頼する人には、同じような症状があります。

上記で紹介した「バッテリーのパフォーマンス」と「使用年数」は、個人の使い方によって変わってくるものです。

しかし劣化の症状に関しては、iPhoneが使えなくなる前にバッテリー交換をしたほうがよいでしょう。

目安となるバッテリーの劣化症状については、次の章で詳しく解説します。

バッテリー交換の目安となる劣化の症状

バッテリー交換

iPhoneのバッテリー交換の目安となる症状は以下の4つです。

  • 残りのパーセント表示がおかしい
  • 突然シャットダウンする
  • 起動時間が長い
  • バッテリーが膨張している

上記の症状がみられたら、バッテリー交換を考えたほうが良いでしょう。

それぞれの症状について詳しく解説していきます。

バッテリーの減りが速くなる

バッテリーが劣化していると、充電してもすぐに減ってしまいます。

たとえば以前なら、一度充電したら一日もったのに、劣化すると2~3時間で充電が0%になってしまう。

このように、バッテリーの減りが速くなる症状は、寿命に近づいている証拠です。

残りのパーセント表示がおかしい

バッテリー残量のパーセント表示がおかしくなると、寿命が近いことを示しています。

たとえば

「バッテリー残量の表示がいきなり1%になる」

「表示が1%になったから充電を始めたら、すぐ30%まで戻った」

このような状態になったら、バッテリーの劣化によりiPhoneが正しい残量を認識できなくなっています。

突然シャットダウンする

バッテリー残量は30%なのに、突然シャットダウンする症状です。

iPhoneのバッテリーは、化学的経年劣化が進んでいると、突然のシャットダウンが起きる可能性が高くなります。

極端な場合はシャットダウンが頻繁に起こり、iPhoneが使えなくなることもあり得ます。

バッテリーが膨張している

バッテリーは劣化すると膨張することがあります。

iPhoneはリチウムイオンバッテリーを搭載しているのですが、リチウムイオンバッテリーは劣化に伴い、バッテリー内部でガスが発生し膨張することがあるのです。

膨張したバッテリーは基盤やディスプレイを押し上げて、iPhoneを変形させたり、最悪のケースでは、発火する可能性があります。

バッテリーが膨張しているときは、すぐに交換することをオススメします。

バッテリーの最大容量(%)を確認する方法

iPhoneには、iOS 11.3からバッテリーの最大容量を確認できる機能が追加されています。

確認手順

1「設定」アプリを開き、バッテリーバッテリーの状態の順にタップします。

バッテリーの状態

2「バッテリーの状態」の画面にある最大容量の項目が80%以上あるか確認できます。

最大容量

iPhoneのバッテリーの劣化を防ぐ対策

「もう少しでiPhon買い替えようと思ってるから交換せずにもう少し使いたい」

という方のために、少しでもバッテリーの劣化を防ぐ対策を紹介します。

「バッテリー充電の最適化」を有効にする

iOS 13 から「バッテリー充電の最適化」という機能が追加されました。この機能は、iPhoneがフル充電されたままの時間を短くし、バッテリーの劣化を防いでくれます。

設定手順

1「設定」アプリを開き、バッテリーバッテリーの状態の順にタップします。

バッテリーの状態

2「バッテリーの状態」の画面にある、バッテリー充電の最適化のスイッチをオンにします。

バッテリー充電の最適化オン

フル充電は避ける

バッテリーの残量は100%なのに、そのまま充電しているとバッテリーの劣化を早めることになります。

フル充電になる手前で、充電はやめたほうがいいでしょう。

充電した状態での使用は避ける

バッテリーは熱に弱いです。

充電中にiPhoneを使用すると、バッテリーの温度を高め、ダメージを与える原因となります。

必要以上にバッテリーの温度を高くしないよう、充電中の使用は避けましょう。

まとめ

今回は、iPhoneバッテリーの交換の目安について紹介しました。

バッテリーに紹介した劣化症状が見られたら寿命が近いということなので、早急に交換することをオススメします。

Appleの保証に加入していなくて、費用が掛かってしまうは、比較的安くバッテリー交換できるiPhone修理店に相談してみてはいかがでしょうか。