iPhoneの通知をオフにする設定(一括・アプリごと)

iPhone通知オフ

「アプリの通知が多くて気が散る…」
「寝ているときだけ通知をオフにしたい」

こんな悩みはありませんか?

iPhoneの通知機能は、アプリの新着情報を知らせてくれる便利な機能です。ただ通知をオフにしたいアプリや瞬間もあると思います。

そこで今回は、iPhoneの通知をオフにする設定について紹介します。

iPhoneの通知をオフにする設定

iPhoneの通知をオフにする設定方法は2通りです。

  • 一括で通知をオフにする
  • アプリごとに通知をオフにする

それぞれのやり方について解説していきます。

一括で通知をオフにする

「アプリごとに通知をオフにするは面倒くさい!」

という人におすすめなのが、おやすみモードを使った通知オフの設定です。

おやすみモードとは

設定した時間帯だけ着信音、通知音を消音にする機能です。

おやすみモードをオンにすると、一括で通知をオフにできます。

設定のやり方は2つあります。

  • 「設定」アプリから設定
  • コントロールセンターから設定

上記2つの手順について解説していきます。

「設定」アプリから設定

「設定」アプリを開き、おやすみモードをタップ。おやすみモードのスイッチをオンに切り替えると設定は完了でうす。

おやすみモードオン

おやすみモードは時間を設定すると自動でオンにすることも可能です。細かな設定は、以下をご覧ください。

iPhoneおやすみモードiPhoneのおやすみモードとは?使い方・各種設定について解説

コントロールセンターから設定

1ホーム画面の下から上にスワイプしてコントロールセンターを表示します。(iPhone X以降は、画面の右上から下にスワイプ)

コントロールセンター表示

2おやすみモード(おやすみモード)のアイコンをタップして、オン/オフを切り替えます。

おやすみモード

アプリごとに通知をオフにする

通知はアプリごとにオン・オフを設できます。通知が不要なアプリだけオフに設定しましょう。

1「設定」アプリを開き、通知をタップ。→ 通知をオフにしたいアプリを選択します。

通知の設定

2アプリを選択し、通知を許可のスイッチをオフに切り替えます。

通知を許可オフ